東日本大震災の電力不足対策として「独立型太陽光発電システム」を提案します。

DIYでも! 被災者の応援でも!


可動式独立型太陽光発電システム

独立型太陽光発電システムは全くの自家発電です。
電力会社との連係など縛られるものもありません。設置も簡単です。

"温故知新"  古きを知って新しきを知る。
独立型太陽光発電システムは古くて新しい考え方です。今の時代、絶対に必要です。
広く販売していくつもりはありません。お客様と一緒にこの小さなエネルギーを考え育てていきたいと思います。
   是非、賛同していただけるお客さまをお待ちしています。 

災害時の非常用電源として、イベントの移動電源として、庭先にでもどこにでも移動可能です

特長
1. 高性能のSUNPOWER製シリコン単結晶太陽電池モジュール210W    
2. .誰でも太陽電池パネルを簡単に設置できるようにしました。
3 .キャスター付で移動も自由にできます。
4. .架台下部にバッテリー含む制御ボックスを設置できます。
5. .パネルの角度を5段階に切り替えられます。
              (0度、20度、35度、45度、60度)
6. .210WX2枚で420Wのシステムのため、
  コンピューターの非常用としてもシステムを組めます。

サイズ : 写真参照   
      太陽電池モジュール 単体210W : 1559 x 798 x 46 mm 
重量
   ソーラー架台 70kg
   SUNPOWER製太陽電池モジュール2枚 30kg  

当社実験データ
   バッテリー 105A/H X 2台で
   パソコン2台 (液晶モニター18.5インチ + 本体)
   約100W X 2 = 200W で 10時間使用可能。

可動式パネルシステム

クリックすると拡大します。

独立型太陽光発電の軽トラ、軽ボックスが行く

今回の震災後、電力会社との連係が必要なく発電した電気をそのまま使う"独立太陽光発電 システム"を応用することを考えました。その1つが車に搭載するものです。被災地向けの工事や電気工事業者など屋外で作業をなさるかたに最適です。

ダイハツ、アトレに乗せた SUNPOWER 太陽電池モジュール 210W


これまで手がけてきました太陽光発電システムは電力会社との連係が必要でした。        
太陽光発電は自家発電だと思われておりますが、実際には電力会社との連係により成り立つシステムです。
そのため震災後の計画停電では全く役にたたなかったのが現実でした。

独立型太陽光発電システムは全くの自家発電です。電力会社との連係など縛られるものもありません。
設置も簡単です。
わたしたちは今電力が有限であるということを思い知らされました。
"温故知新"  古きを知って新しきを知る。
今再び昭和の生活を思い出さなくては、、とひそかに思っています。             
独立型太陽光発電システムは古くて新しい考え方です。 今の時代、絶対に必要です。
広く販売していくつもりはありません。お客様と一緒にこの小さなエネルギーを考え育てていきたいと思います。
是非、賛同していただけるお客さまをお待ちしています。

マツダ、SCRUMに乗せた SUNPOWER太陽電池モジュール 210W



特 長
1. 高性能のSUNPOWER製シリコン単結晶太陽電池
 モジュール210Wを使用
2. 晴天時は、屋外で定格700W/Hまでの電気を使う
 ことができます。(充電ドリルの場合は約185W)
3. ディープサイクルバッテリーを使用していますので
 晴天時はバッテリーが消費しても常にフル充電を
 キープするようにします。  
4. 夜に昼間バッテリーで充電した電気を使う場合
  (快晴にて3時間充電(バッテリー105A/H X 1)) 
  .扇風機(100V,45W) モード弱 + 首振り X 1、
  蛍光灯(100V,20W) X 1、
  LED電球 (100V 7.6W (80W相当) X 1、
  LED電球 (100V, 4W (40W相当) X 1 
  上記を同時使用にて2.5時間稼動 できます。
     (当社での実験データによる。)
4.すっきりしたコントロールボックス
  1) コントロールボックスにはバッテリーを
    2ケまで装填できます。
     (オプションでバッテリー1ケ追加OK)
  2) 荷台にもばっちり荷物がたくさん載ります。

独立型太陽光発電システムパーツ